PAGE TOP
イラストレーターズ通信
JP / ENG
イラストレーター
を探す
イラスト
を探す
ニューフェイス 新着作品

「イラ通」が経済的危機に陥っているため、CAMPFIREにてクラウドファンディングに挑戦中です。

2023/11/23 UPDATE一般向けのお知らせ

《「イラストレーションという名の小さな幸せ」を発信し続けたい!》
https://camp-fire.jp/projects/view/680064

■ ご挨拶

初めまして。森流一郎と申します。
私は、イラストレーションが大好きです。
「イラストレーションには、人々を幸せにする小さな力がある」と、信じています。
だから、元々はイラストレーターとして活動していました。

現在はイラストレーターを引退しーー
イラストレーションという名の小さな幸せを発信する「イラストレーターズ通信」(https://iratsu.com/)の運営に力を注いでおります。

「イラストレーターズ通信」の始まりは、2000年のことでした。
「仕事が少ない」と悩んでいたイラストレーター仲間達を応援するために、作品と連絡先が記載されたイラストレーター・カタログ『年鑑イラストレーターズ通信』を創刊したのです。
これを、イラストレーションを発注する業種の皆様、数千件に無料で配布いたしました。
「イラストレーション年鑑といえば、書店で購入する高価な書籍」という常識を覆す、フリーの年鑑が誕生したのです。
おかげさまで、多くの方々から好評を得ることができ、その後、毎年発行し続けてまいりました。
2024年5月には、vol.23となる『年鑑イラストレーターズ通信2024』の発行を予定しております。
これまでの年鑑は、こちらのページで紹介しております。

2003年には、『Webイラストレーターズ通信』を開設しました。
当時イラストレーターのリンク集はありましたが、様々なイラストレーターを横断的に検索できるサイトはまだ珍しかった時代でした。
おそらく、「『Webイラストレーターズ通信』は、現存する日本のイラストレーター検索サイトの中で最も古いのではないか」と推測されます。
このWebサイトも、おかげさまで、好評を得ることができました。
今もなお「信頼できるプロ・イラストレーター検索サイト」として、多くの方々にご利用いただいております。

さらに、2010年にはーー
イラストレーターの仲間同士で助け合い、教えあい、みんなで成長するために、「イラストレーターズ通信」をプロ・イラストレーター団体へとバージョンアップさせました。

「イラストレーターズ通信」の活動を開始してから、そろそろ25年目に突入しようとしています。

■ このプロジェクトで実現したいこと

実はーー
資金不足の為、この活動は行き詰っています。
お世話になっている税理士さんからは、「今期は、さらに360万円ほど資金が不足しそうだ」と指摘されています。
資金の不足分をクラウドファンティングで補うことで、「イラ通」の活動を今後も続けていきたいのです。

■ プロジェクト立ち上げの背景

実はーー
活動を始めた当初は、「イラストレーターズ通信」にかかる費用の多くを私が個人的に負担してまいりました。
この活動で儲ける気は全くなく、ただ純粋にイラストレーター仲間を応援するのが好きだったからです。

私が現役だった頃は、イラストレーションで稼いだお金を注ぎ込むことで、なんとか運営していました。
しかし、イラストレーターを引退してからは、資金的に厳しい状態が続いておりました。

そこに、2020年頃からコロナ禍の影響が出始めます。
コロナ禍で仕事が減った会員イラストレーターが、一人、また一人と、退会していくようになってきたのです。
さらに、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、年鑑の印刷代・印刷代等が高騰しました。
この辺りから毎年の決算は、赤字に陥ります。
赤字分は、借金で賄ってきました。

しかも、そのタイミングで、Webサイトのリニューアルに500万円ほどかかってしまいました。
何年か前から、「『Webイラ通』は、もう10年以上昔に作られたシステムのため、サーバに使っているハードディスクが入手困難になっている」とサイト管理者から告げられていました。
つまり、今のハードディスクが壊れたら、もう『Webイラ通』は止まってしまうのです。
しかも、『Webイラ通』リニューアルの遅れに不満を抱いた会員の退会も増え始めます。
リニューアルを急ぐ必要がありました。
しかしまさか、コロナ禍やウクライナの侵攻の影響で、赤字に陥ったタイミングになるとは予想しておりませんでした。

前期の決算では、借金の総額が1200万円を超えていました。
ニッセイの個人年金を解約することで一部返済しましたが、今も、700万円以上の借金が残っています。

そして、さらにーー
「今期は、360万円ほど資金が不足しそうだ」と税理士さんから指摘されています。
しかし、私は「イラストレーターズ通信」の活動を、まだ終わらせたくありません。

私は、イラストレーターを引退後、経営・ブランディング・マーケティング等の書籍を大量に読み漁りました。
そして、その読書から得た知識により、イラストレーターに特化した独自のブランディング手法を考案しました。
それを年鑑やWebに応用し、実用新案も取得済みです。
いま、その手法を会員に教えています。
このブランディング手法は、これまでの常識を覆すものです。
「まさに、革命となる」と、確信しています。
私の教えを実行した会員たちは、イラストレーター業界の地図を塗り替えることになるでしょう。
私はその時代を「イラストレーター3.0」と呼んでいます。

※ イラストレーター1.0:電話やファックスを使い、アナログの原画を納品していた時代。
※ イラストレーター2.0:パソコンやインターネットを使い、デジタル納品が主流となった時代。
※ イラストレーター3.0:イラストレーターが増え過ぎてレッド・オーシャンとなり、絵が良くても食べていけない時代になりました。さらにはAI画像生成が出現し、インボイス制度も始まりました。イラストレーターとして食べていくためには、ブランディング等の知識やテクニックが欠かせない時代となっていくはずです。

しかし、ブランディングには時間がかかります。
5年、10年とかかるのがブランディングなのです。
今ここで破綻してしまうと、その効果が世の中に広がる前に、私の夢は潰えてしまいます。
それはあまりにも無念です。
ここで終わらせたくありません。
絵はいいのに食べていけないイラストレーターたちを救いたいのです。
私の考案したブランディング手法を実施したイラストレーターたちが、大好きなイラストレーションで食べていける「イラストレーター3.0」の時代を切り開きたいのです。

そこでーー
クラウドファンティングで、皆さんのお力をお借りたいと考えました。

もしよろしければ、こちらのページで更なる詳細をご覧ください。

《「イラストレーションという名の小さな幸せ」を発信し続けたい!》
https://camp-fire.jp/projects/view/680064

新規会員常時募集中 総合的イラストレーション講座
Copyright © 2023 illustrators tsushin All rights reserved.
Verified by MonsterInsights